思い出に残る旅日記

思い出に残る旅日記

京都で計画なしの一人旅


ふと思い立って、一人で京都に行ったことがありました。

 

言わずと知れた観光名所の京都には、あちこちに有名な神社仏閣やお土産屋さんなどがあり、観光する場所には事欠きません。
そこで、往復の電車と宿泊先以外にはほとんど何も決めず、一泊二日の一人旅に出ることにしました。
せっかく一人なので、行き当たりばったりでいいや、と思ったのです。

 

結果としては、非常に満足いく内容になりました。
誰にも気を遣わないというのはとても楽ですし、常に会社などで人と接している自分にとっては、ちょうどいい具合に非日常感を味わうことができるいい体験でした。
立て看板などを目印に、勝手気ままに散策するというのも楽しいものです。

 

ただひとつ困ったのが、道を聞かれてしまうことです。
小さめの鞄一つで、しかも一人で歩いているために、観光客のように見えなかったのでしょうか。
まったく土地勘がない場所だというのに、一日で二回も道を聞かれてしまったのです。
地図を読むのが苦手なので、ガイドブックなどを見ながら説明することもできませんでした。
あてのない旅だっただけに、ガイドブックを開いていなかったことも原因かもしれません。

 

そんなこともありましたが、自分勝手にあちこちのお寺や神社をめぐることができ、中身の濃い旅になったと思います。
機会があればもう一度、今度は別の土地でやってみたいものです。

 

京都