思い出に残る旅日記

思い出に残る旅日記

新婚旅行で初めての海外旅行


思い出に残っている旅行は新婚旅行です。

その時初めての海外旅行でグアムに3泊4日行きました。

新婚旅行と言ったらハワイとかヨーロッパとか遠い国を選ぶのに飛行機が苦手だった私たちは近場のグアムへ。

 

2月に行ったのですが前日雪の中友人の結婚式に参列し寒く体調を崩しました。

次の日は楽しみに計画してた新婚旅行。

薬を飲んで休み無事にグアムへ旅立ちました。

 

初日初めての海外旅行、主人とのんびりショッピングをして美味しいご飯も食べて楽しみました。

しかし2日目。熱をだし起きるのも辛い状態。

薬を飲んで観光ツアーに出かけきれいな景色も楽しめず歩いているのがやっとでした。

 

結果2日以降ほぼ部屋で寝て、少し体調が良いときにホテルの近くのショッピングモールに出かけるくらい。

私は具合が悪くて辛かったですが主人は見知らぬ土地で一人。

楽しめずつまらなかったと思います。

何のために新婚旅行に出掛けたのか。

 

ただ寝込んで辛かったですが付き合っているときには気づけなかった主人の優しさが分かりました。

娘が一人います。

娘が大きくなったら新婚旅行のリベンジで家族旅行でグアムへいきたいです。

 

 

グアム

はじめての海外旅行と


娘は小学校2年生の時に初めて海外旅行に行きました。
行き先は、グアムです。
日本からも3時間ほどで行けるので、
初めての海外旅行をする娘にはちょうど良い時間かなと思いました。

 

期間は1週間。
夏休みを使って、家族3人で出かけました。

初めて見る外国は、娘の目にはとても新鮮に映ったようで、
毎日楽しく過ごしました。
目につくものを全てカメラで写真を撮りまくりです。
構図も考えない娘の撮る写真はとても新鮮で、
子供の目にはこんな風に見えているんだと感じました。

 

ホテルのシャンデリア、窓から見える海、
バスを待つ外国人、ABCマートのキーホルダーの山…。
写真の中のグアムは、私たち大人が見るものとは全く違うものでした。

 

そんな娘がグアムについて何日か経った時に言った一言は、
「パパ、わたし日本の子とグアムの子、どっちがいい?」という問いかけでした。

 

主人はすかさず、
「あんたは日本の子でしょ」と言いました。

 

毎日、海に行って、お買い物にも行って、美味しいものをたくさん食べて…
すごく楽しかったんだなって気がしました。

 

 

グアム